So-net無料ブログ作成
検索選択

強盗傷害事件の取り調べDVD、法廷で再生へ(読売新聞)

 名古屋地裁で3月に行われる強盗傷害事件の裁判員裁判で、取り調べの様子を録音録画したDVDが証拠採用され、法廷で再生されることが12日、わかった。

 裁判員裁判としては、全国で初のケースになると見られる。DVDが証拠採用されたのは、2005年8月、愛知県豊川市の大恩寺に仏画を盗むため忍び込み、住職の長男(当時19歳)の腹を包丁で刺して3か月の重傷を負わせたとして、強盗傷害と住居侵入罪に問われた韓国人の会社員、高炳石被告(32)の公判。

 関係者によると、高被告は大筋で起訴事実を認めているが、共犯者との役割について、取り調べ段階で一時否認するなどした。このため、名古屋地検は一連の取り調べが適正で、調書の任意性に問題がないことを裁判員に理解してもらう狙いで、証拠として請求したと見られる。

<北海道議選>佐藤氏が立候補 網走・補欠(毎日新聞)
逮捕の男「刺して火を付けた」…千葉大生殺害か、包丁見つかる(スポーツ報知)
<天皇、皇后両陛下>恒例の「講書始の儀」行われる(毎日新聞)
「はたちの献血」に協力を=若者離れが課題−日赤(時事通信)
<万引き>千葉県警の警部逮捕 茨城の店で人形盗んだ疑い(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。